• ◆仕事で使うならこだわってみようよ◆

こんにちは。

 

今回は現行のロジクールのマウスで一番高額なマウスです。MX Master です。
「MX」という名前が付く通り、Logicool のハイエンドモデルMXシリーズの後継機です。

 

私のメインマシンでもあります!
実売価格は最安値のお店でも1万円を超えます。
しかし、それくらい機能がモリモリ詰まったマウスです。

私が初めて購入した高額マウスもMXシリーズでした。
「MX-Revolution」というマウスでしたが、その後も「Performance MX」を購入し、
さらには「MX Master」を購入してしまいました。

 

MX Master も仕事場で使っているため、なかなか使い込んでいる感じが
にじみ出てしまう画像になってしまいますが、ご容赦下さい。

 


上部からの見た目です。無駄なものは無く、シンプルなボタン配置です。
不要な使わないボタンがごちゃごちゃしていると、誤操作にもつながります。
そのため、仕事で利用するマウスを選ぶ際には、シンプルなボタン配置のものを選ぶとよいと思います。
ボタンが多い=いいマウス というわけではないので注意して下さい。

 

斜め前から見てみる。
斜め前から見てみる。
MXMaster-side2
全体としてマットな質感になっています。 手にフィットする感覚はずば抜けています。

スポンサードリンク


横からみてみよう


このマウスの特徴は横方向のスクロールホイールがマウスを持ったときの親指の位置にあることです。
親指の位置に横方向のスクロールホイールがあるマウスは稀です。
また、戻る・進むボタンが上下に配置されており、一見使いにくそうに見えますが、
手の小さい私にはすごく使いやすかったです。
縦方向に 戻る・進むボタンが並んでいると、進むボタンを押すために、少し親指を伸ばさないといけないですが、
上下に配置されていることにより、親指を傾ける動作で 戻る・進むボタンを押すことができます。
MXシリーズおなじみのステルスボタンも標準装備されています。
LEDは電池の残量を見るときや、充電ケーブルが認識されているか確認する程度にしか私は使っていません。

横方向スクロールホイールと戻る・進むボタンが並び、ステルスボタンもある
横方向スクロールホイールと戻る・進むボタンが並び、ステルスボタンもある

 


MX Masterの裏面の配置


mxmaster-ura
ON/OFFスイッチ、接続ボタン、Easy-switchボタンが配置されています。 黒色のマウスソールと呼ばれる部分が4箇所配置されており、 抜群の安定感を誇ります。

 

・「マークに注目」と書かれているところのマークに注目してみてください。
以前の記事でご紹介した unifyingのマークとBluetoothのマークが書かれています。
このマウスはロジクールのUSBレシーバーでもBluetoothでも利用可能なマウスで、
接続性が抜群にいい造りになっています。
ほとんどのマウスはどちらか一方しか利用できません。

もし仮にUSBレシーバーを失くしたり、壊れてしまって予備すらないときは、
Bluetoothで使うという手段も選べます。

・「スイッチ」はそのままパワーオン・オフのスイッチです。

・「接続ボタン」と「Easy-switchボタン」ついてです。

 

MX Master のすごいところは、接続先を3つまで登録できます。
合計3台までの端末とペアリングできるので、WindowsデスクトップPCと
WindowsノートPCとMacBook Airのように、登録することができます。
「Easy-switchボタン」で接続先を選び、「接続ボタン」を押すことで、
自分が使いたいPCと接続することができます。
・黒色の部分がデスクと接する面になり、4箇所もデスクに接するため、抜群の安定感を誇ります。

 

 


MX Master を前からみてみよう


MX Masterは、以前の記事 でご紹介したPerformance MX と同様に充電可能なマウスになっています。
しかし、MX Master は電池が内蔵されており、簡単に交換できるものにはなっていません。
その点、Performance MX のほうが私は良かったと思います。しかし、良く言えばマウスの裏面に電池の出し入れをする箇所が無いため、
マウスの裏がすごくスッキリしているデザインになっているのも、MX Master の特徴でしょう。

Front-MXMaster1
USB Micro-B ケーブルで充電を行う。 電池は交換ができない内蔵型です。 USB Micro-B コネクタは、iPhone ではないスマートフォン(Android)の充電コネクタと同じですし、 ケーブル自体は100均で売っているものなので、ケーブルが壊れたときにもすぐに調達できます。

 

 


 

ロジクールのハイエンドマウスには必ずベアリングが搭載されたホイールです。
このホイールは、回転させるスピードによって縦スクロール速度が変化します。
長い文書やウェブページの操作をする際に一気に下までスクロールしたいときには操作をセンサーが感知して、
ベアリングをフル活用して猛烈なスピードで回すことができます。
一方で、メールなど1行ずつしかスクロールしたくないときもきちんとセンサーが感知して、
コリコリいいながら1行毎にスクロールしてくれます。また、ホイール手前のボタンを押せば、
マニュアルでスクロール速度を調節することもできます。
このスクロールの機能は、MX-Revolution のときにも実装されていたのですが、
MX-Rのときよりもいいタイミングでスクロール速度が切り替わるので、
仕事をするときにはストレスがなく、効率よく仕事ができています。

 

img_9749
正面からも高級感が漂っています。

カスタマイズを!


 

MX Master を使って仕事を効率化するなら、Logicool Options は欠かせません。

私が使い方をわかりやすく別の記事で紹介しているので、是非見て頂くことをお勧めします。

Logicool Optionsの使い方

割り当て1

 


家電量販店では最近マウスに力をいれている売り場も多いので是非、

デモ機を手で持って体感してみてください。

私のオススメは 関西では ヨドバシ梅田、

東京では ヨドバシアキバがオススメです。

品揃えも多く、デモ機も豊富でマウスを選ぶにはもってこいの場所ですよ!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です