• ◆仕事で使うならこだわってみようよ◆

こんにちは。

念願の MX  Anywhere 2 を入手しました!
(Logicool のPR担当会社様からご提供頂きました。ありがとうございます。)
MX  Anywhere 2 はLogicoolのハイエンドモデル MXシリーズのモバイルマウスです。

発売日が2015年7月16日(木)と1年以上前の製品でありますが、モバイルマウスの現時点で皇帝といってもいいと思います。

複数回に MX  Anywhere 2 の渡って記事を書いていこうと思います。

 


まずは、全体像です。
付属品は画像のものが全てです。
2006年に発売された VX-Revolution の頃に比べるとパッケージが簡素になったように思います。
当時のパッケージは粘着テープでガチガチに固められていたので、ecoではありませんでした。
話がそれてしまいましたが、 MX  Anywhere 2 、付属品も含め以下のものが全てです。

allpackage

 

細かいスペックについては、Logicool社の公式Webページに記載されているため、
公式Webページに書かれていないことを私はお伝えしたいので、スペック詳細は公式ページに任せるとします。

今回は、 MX  Anywhere 2 に付属している Pico Unifying レシーバーについてご紹介します。

 


Pico Unifying レシーバーとは?

 

「Pico」ではないUnifying レシーバーについての説明は、

—> 以前の記事でご紹介  しましたが、今回は「Pico」です!

ざっくりと説明すると、Unifyingレシーバーとは1つのレシーバーに対して複数のロジクールの機器(マウス等)の
接続を可能にするレシーバーのことです。Logicool機器を2台以上持っている場合は、すごく便利です。

そして、Unifying レシーバー がMX Anywhere 2 では「Pico」になりました!
すごく小さいです。(これだけの画像だとわかりにくいですが)
下側がPico Unifying レシーバー 、上がUnifying レシーバー です。
すごく薄くなっていることがわかります。

左:Pico Unifying レシーバー 右:Unifying レシーバー
上:Unifying レシーバー   下:Pico Unifying レシーバー

 


 

では、続いてPico Unifying レシーバーをノートPCに挿入しています。
横から見る限り、凹凸がほとんど存在せず、ノートPCと一体化してる!?とも言えるでしょう。
正面からだけだと、光の加減や影なのでわかりづらい部分もあると思いますので、
様々なアングルから見ていきましょう。

Pico Unifying レシーバーをノートPCに挿入しています。
Pico Unifying レシーバーをノートPCの横に挿入しています。

 


 

異なるアングルから見てみます。凹凸がほとんどないことがわかります。
USBポートに蓋をしているだけのようにも見えるくらいスマートです。
ここ10年ぐらいでLogicoolのUSBレシーバーはどんどん小さくなってきました。
MX  Anywhere 2 では、Bluetooth も利用できるにも関わらず、Pico Unifying レシーバー でも利用ができ、
そのPico Unifying レシーバーですら、極小サイズです。

異なる視点から見てみる。
異なる視点から見てみる。

 

少し上からのアングルでみます。実際の凹凸がどの程度のものなのかがわかると思います。
この程度の凹凸であれば、密着したケースにも入ります。

Far-away

 

【MX  Anywhere 2】(Part-1) Pico Unifying レシーバー(USB レシーバー) の小ささを見てみる! は以上です。

 

次はMX Anywhere 2の本体についてご紹介しています。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です