• ◆仕事で使うならこだわってみようよ◆

すごく久々の投稿です。

 

今回は MX Vertical のレビューです。

まず結論から申し上げると、超オススメのマウスです。ただし、高価なのでそこだけがネックです。

使い始めて10分も経たないうちに私は違和感なく使えていました。

先に総評を箇条書きで書きます。

 

総評


万人受けするマウスです。エンジニアでもOLでも管理職でもPCを使う人なら恩恵を受けれると思います。

-腕をひねることがないため、楽に握ることができる。おじさんやおばさんだけでなく
長時間のオフィスワーカーには超オススメです。

-普段、力んでマウスを持ってしまって肩が凝る人は使ってみる価値あり。

-普段つまむようにマウスを使う人でも軽快に使えます。ただし、つまむように持つと、
親指の進むボタンを押せないです。

-手が小さな人でも使いやすい設計になっています。

-軽いので大きささえ気にしなければ持ち運んでもよい。

 

世間的な動向


変わった形をしているマウスであることから、メディアや一般ユーザーからも注目されている、マウスです。

Youtubeや様々なメディアで取り上げられています。

先日、梅田のヨドバシカメラの地下1Fに行ったところ、おじさんやおばさんがデモ機を触りながら

店員さんにいろんな質問をしていました。その後も観察していたところ、老若男女、幅広い年齢層をデモ機を触っていました。

腱鞘炎などに悩む中高年からも注目のマウスです。また、MX シリーズということもあり、

高級感が出るようにデザインされています。

 

Box_MXVertical

 

 

スポンサードリンク

 

外観


人間工学に基づいた形であるゆえの形状です。横に長いボタンは進むボタンと戻るボタンです。

見るからに握りやすそうな形状ですね。

上部の楕円形のボタンは既定では、マウスポインタのスピードを調節するボタンになっています。

Unifying USBレシーバは少し大きめのものになっているので、もし出っ張りが気になる方は別売りのものを使うとよいかもしれません。

 

上部側が左クリック、下部側が右クリックです。

スクロールホイールは比較的軽いタッチで回るようになっています。

MXシリーズ恒例の高速で回せるようにはなっていませんので、ご注意ください。

 

自然に掴むことができるのが57°らしいです。握るときに自然な腕の角度で握ることができます。

腕や手首がねじれることないので、こんなに楽なのか と思えるくらい楽でした。

パッケージからも 57°で握れることや 自然な角度で握れることから 筋肉の緊張の緩和がメリットであることがわかります。

 

少し見えづらいかもしれませんが、進むボタンの左側にLEDがあり、電源ONしたときなどは一時的に点灯します。

この写真からもわかるように、船底のように底側に分厚さがあります。しかしこれは親指を楽におけるように設計された結果なので、

まったく操作する上で支障はありません。むしろ親指を付け根から乗せることができるので、考えられた設計だなと関心します。

 

フロントからの見た目です。MX Vertical は充電式ですので、USBポートがフロントに存在しています。

充電しながら、無線で使うこともできます。もちろん有線でも。充電式だとマウス自体が重くなるのでは?と思うかもしれませんが、

MX Vertical はびっくりするほど軽いです。メーカーページには重量: 135g となっています。

これがどのくらいの重さなのかというと 一般的な有線マウスの重さは大体100g くらいですので、

充電式でありながら、有線マウスに匹敵する軽さです。充電式であっても重さを気にしなくてもいい時代になってきました。

クリック時の感覚として、安いマウスだとクリックした瞬間にブレるような感覚がありますが、

さすがのMXシリーズだけあって、気持ちよくクリックすることができます。

 

裏面です。電源スイッチ、センサー、デバイス切り替えスイッチ が存在します。

最近のLogicool のマウスやキーボードでは複数のデバイスをペアリングできるようになっていて、

スイッチ1つで接続先を切り替えれるようになっています。

 

実際にノートPCの横に置いたときのサイズ感です。

実際に使ってわかったことですが、縦に大きなサイズのマウスなので、

MX Vertical とキーボードを相互に使っていると、MX Vertical からキーボードへ手を移動させた瞬間に手が

MX Vertical に当たってしまうことがしばしばありました…配置の問題かもしれませんが、

私のキーボードとマウスの配置だと考慮しなれければいけなかったです。

 

スポンサードリンク

 

Logicool Options ではどんな感じに?


MX シリーズのマウスにとって重要なものの1つに、PCにインストールする ソフトウェア Logicool Options があります。

Logicool のマウスを使うならインストールしたほうがいいです!使い方は以下の記事でご紹介しています。ぜひ見てください。

【Logicool Options – マウスのボタンに好きなキーを割り当てよう】

 

MX Vertical をつないだときにどのようにみえるのかをスクリーンショットを貼ります。

 

もちろん ボタンへの役割を割り当ても当然可能です。

 

まとめ


-再度まとめになりますが、持ち運びにはつらいマウスですが、

オフィスワーカーには楽に握ることができるので、疲れにくく、オススメです。

-力んでしまう人も肩が凝る人は使ってみる価値ありです。

-手が小さな人でも使いやすい設計になっています。

-つまんで握るタイプの人でも覆いかぶさるように握るタイプの人でもマッチします。

-軽いので手の負担にはなりません。

-MX Vertical とキーボードの間の手の動きが激しい人は手があたってしまうかもしれません

-スクロールホイールは高速に切り替え機能はありません。

-ヨドバシカメラなどで一度デモ機を触ってみることをオススメしますが、

個人的には万能なマウスなので、デモ機を触らずに挑戦するのもアリだとは思います。

 

もしマウス選びに困ったら、初心に戻り、マウス選びを順に辿ってみてください。

【 マウス選びのコツ 】