• ◆仕事で使うならこだわってみようよ◆

■マウス選びのコツ■

 

マウスをあまり買ったことがない人は、どのような観点で選べば良いのかもよくわからないと思います。

マウスメーカーは自分たちのマウスを売るための紹介をしていますが、
私は私の観点で選ぶポイントを挙げます。
以下の順で意思決定を行っていくことで、漠然と選ぶよりもより良いマウスが選べ、
店頭やAmazonでどれを買ったらいいかわからないことが無くなります。
では、順に進めていきましょう。

 

START

1. ワイヤレスマウスにする? ケーブルがあるマウスにする?

ワイヤレスマウスはPCに小型のUSB無線機を挿して使う、線が無いマウスのことです。(例外もあります)
Anywhere MX.jpg
ケーブルがあるマウスは、昔のファミコンのコントローラーのような線があるマウスのことです。

MX400

 

yajirushi

 

2. どこでつかう?

常にデスクワークの人ですか?それともノートPCと一緒に持ち歩く人ですか?
Coffee

マウスには持ち運びに特化したマウスとデスクワークに特化したマウスがあります。
当然ながら、大きさも違い、ボタンの数にも差があります。
デスクワーク

yajirushi

 

3. 予算は3500円以上?それとも3500円以下?

私は多くのマウスを所有していますが、壊れにくさ、機能面、使いやすさの面で、
ちょうど中間に位置するのが、3500円付近のマウスと考えています。
3500円をある程度マウス選びの指標にして頂くとよいと思います。
低価格すぎるマウスだとすぐ壊れたり不満が出がちです。
高価格マウスだと10000円を超えてきますが、使いこなせていない自分に不満を覚えることもあります。
yen

yajirushi

 

4. どんなデザインがいいかな?

4-1. 自分好みの色と形でまずは探してみてください。
4-2. 迷ったときは、メーカー別に特徴があるので指標にしてみましょう。


ロジクール
人間工学に基づいた構造で色も機能も
ビジネス向けの物が多いです。
私は仕事で使うのであれば、
ロジクールをお勧めします。


マイクロソフト
人間工学に基いて造られており、
常識にとらわれない個性的な
形をしたマウスが多く、ファンも多いです。


エレコム
ここ数年マウスに力を入れているメーカーです。


バッファロー
豊富な価格帯のマウスが多いメーカーです。
高額なマウスはあまり取り揃えていません。


サンワサプライ
サプライ製品全般を扱うメーカーでマウスに
関しても数ある取り扱い分野の1つという扱い。

 

■ここまでの結果

例)
ワイヤレスマウスがイイ!
オフィス(デスクワーク)で使う!
予算は4000円が限界!
仕事を効率よくできるデザインがイイ!

 

メーカーが多くあっても、ポイントを押さえることで
一気に選択肢が狭まり、選びやすくなります!